Archive開催アーカイブ

  • 開催報告

講師:清水 研氏(精神科医・医学博士)

講師:稲垣 麻由美氏(文筆家・株式会社一凛堂代表取締役)

6/28(木)開催 ハイコンセプト倶楽部 がん専門の精神科医と 一緒に考える「 人生でほんとうに大切なこと 」

2017年10月19日刊行された書籍
「人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話」
この本に登場されているがん専門の精神科医・医学博士の清水 研氏、著者 稲垣 麻由美氏、
そして、書籍の第七話に登場された千賀 泰幸氏をお迎えして開催しました。
 
本の生まれた背景、がん患者の現状、先生はどのような治療をされているのか、著者の思い、
千賀様の体験談などを伺い、「 人生でほんとうに大切なこと 」 はどういうことなのかを
参加者の皆様とのダイアログで深めました。
 
普段お話を聞くことができない国立がん研究センター中央病院の精神腫瘍科長である清水先生や
著者稲垣様、書籍に登場された千賀様のお話直接聞ける貴重な機会となりました。
 
今回は、定員を超えるたくさんのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。
 
IMG_0744
 
IMG_0755

[講師プロフィール] 清水 研氏(精神科医・医学博士)
国立がんセンター中央病院・精神腫瘍科科長
日本総合病院医学会専門医・指導医 日本精神神経学会専門医・指導医

稲垣 麻由美氏(文筆家・株式会社一凛堂代表取締役)
ライター・編集者時代に、成功者と呼ばれる人達を多数インタビューしてきた経験から、「成功者(自らの目的を達成した人)」ほど、自分の魅せ方を知っている」という共通点に気付き、ブランディングについて興味を持つようになる。現在は商業出版のプロデュース、執筆の活動と並行し、政治家・経営者・ビジネス書著者を主なクライアントとしたブランディング事業を展開。「伝わる『言葉』」と「伝える『見せ方』」の掛け算でクライアントの魅力を発信。選挙ポスター作成、企業研修多数。著書に『人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話』(KADOKAWA)『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』(扶桑社)他。一般財団法人 クラスジャパン教育機構評議員。

Overview開催概要

セミナー名 6/28(木)開催 ハイコンセプト倶楽部 がん専門の精神科医と 一緒に考える「 人生でほんとうに大切なこと 」
開催日時 2018年6月28日(木) 18:30~20:30
定員 18人
金額 3,000円
会場 株式会社人財ラボ
住所 〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル16F
講師名

清水 研氏(精神科医・医学博士)

稲垣 麻由美氏(文筆家・株式会社一凛堂代表取締役)