Archive開催アーカイブ

  • 麹町さくら塾

講師:栗木 雅史氏

4/6(水)開催報告 オリーブオイル鑑定士からオリーブオイルを学ぶ

イタリア トスカーナ在住のオリーブオイル鑑定士の栗木雅史氏から、オリーブオイルの魅力と扱いかたについてお伺いしました。

 

DSC_0470

 

<健康食品としてのオリーブオイル>
世界で一番寿命が高いのは日本、2位はイタリア。イタリアは、オリーブオイル、ワイン、サラダ、パン、パスタなどをよく食べます。イタリアは日本ほど医療が発達していながいが、寿命が長いのは食生活が優れているからと言えます。
イタリアで、家庭でつかうオリーブオイルは年間10キロ。オリーブオイルを食べ過ぎて、太った、病気になったという話は聞きません。逆に、悪玉コレステロールや動脈硬化をおさえる成分が入っています。

 

DSC_0471

 

<お味とお料理>
大分日本に普及してきたが、良いものはまだまだ少ないです。エキストラヴァージンオイルとヴァージンオイルの違いが分かりますか?エキストラヴァージンオイルを絞った後のものから、化学的な処理がされて抽出されたものがヴァージンオイルです。お味を確認するには、ジャガイモや白いんげん豆を使うと、分かりやすいですね。サラダ油と違って、例えば、辛味や苦さなどがあります。
サラダや煮物など、素材の美味しさを軽やかにで閉じ込めてくれます。魚を焼く前にかけると、旨味をとじこめることこめることがきます。発煙点が高く、油物をしても焦げにくいですね。

 

<保管方法と選び方>
酸化と紫外線が敵。暗くて、涼しいところに保管するのがいいですね。お店で照明や紫外線が当たっっているものは、選ばないようにします。封を開けると2ヶ月は楽しめます。2ヶ月を過ぎると、炒め物などに使うとよいですよ。

[講師プロフィール] 栗木 雅史氏
イタリア政府公認オリーブオイル鑑定士(登録番号 prot.15382)。
ANAPOO(イタリアプロフェッショナルオリーブオイル鑑定士協会)正会員。
オリーブオイルのエキスパート

[略歴]
19歳の時にイタリアに渡り、大好きなイタリアに在住44年。
若いときにはカンパリのテレビコマーシャルにも出演。
日本商社ミラノ駐在員を経て約20年前からALESSIの仕事に従事。
2008年に設立したAlessi Japan(株)初代 の代表取締役、大のアレッシィ好き。

愛してやまないもうひとつのライフワークはオリーブオイル。自宅で数十本のオ リーブの樹を栽培。
パーソナル・オリーブオイルを造るほどのマニア。
フィレンツェで創業430年、オリーブオイル造りひと筋のサンタテア極上オリーブオイルを直輸入して、
ネット販売する「トスカーナ エ トスカーナ」(http://www.toscanaetoscana.com)を経営。 

Overview開催概要

セミナー名 4/6(水)開催報告 オリーブオイル鑑定士からオリーブオイルを学ぶ
開催日時 2016年4月6日(水) 18:30-20:30(18:15開場)
定員
金額
会場 株式会社人財ラボ
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町2-4-11 麹町スクエアプラザ9F
講師名

栗木 雅史氏