News新着情報

2017.10.24

News

1. リーダーシップ&マネジメント研修
学習目的:リーダーとマネジャーの違いを理解し、どちらも重要であることを認識する
受講対象:上級管理職、中級管理職、現場管理職
内容(1日):
1. リーダーとマネジャー
・ あなたはリーダー?マネジャー?
・ 個人ワーク:良いリーダー、良いマネジャー
・ グループワーク:「リーダーの役割とは」「マネジャーの役割とは」
・ リーダーとは
・ マネジャーとは
・ リーダーとマネジャーの役割

 

2. 役割を果たす
・ リーダーシップとは
・ グループワーク:「リーダーシップを発揮するために必要なこと」
・ マネジメントとは
・ グループワーク:「組織をマネジメントする上で必要なこと」
・ マネジメントの2つの機能
・ 管理者が役割を全うするための機能とは

 

3. まとめ

 


 

2. ストレスマネジメント研修
学習目的:ストレスマネジメントの内容、手法を学び、自分自身のストレスマネジメント力の向上及び部下のパフォーマンスを向上する
受講対象:上級管理職、中級管理職、現場管理職、一般職
内容(4時間)
1. ストレスマネジメントとは
・ ストレスマネジメントとは?
・ 演習:日々感じているストレスにはどのようなものがありますか?
・ 演習:ストレスマネジメントの必要性はなんですか?

 

2. ストレスフリー行動術を身につける
① 自己効力
② 思考のコントロール
③ 感情のコントロール
④ サポート活用力
⑤ タフマインド  

 

3. 部下のパフォーマンスを向上させる
・ フィードバック方法の検討
・ ロールプレイング:部下とのコミュニケーション
・ ストレス軽減のための行動斧検討
・ 部下への接し方の改善案を検討

 

4. まとめ

 


 

3. ダイバーシティマネジメント研修
学習目的:多様性活用の意味を理解し、活用するマインドを養う
受講対象:上級管理職、中級管理職、現場管理職
内容(1日)

 

1. 多様性活用とは
・ 世界と日本の多様性活用
・ 多様性活用が進まない理由は?
・ 多様性活用のメリット
・ 事例紹介

 

2. 自社の取り組み

 

3. 知らず知らずのうちに
・ 無意識バイアスとは
・ 自身の無意識バイアスを探る
・ 無意識バイアスを最小限にするポイント

 

4. まとめ

 


 

4. 人材開発戦略策定研修(タレントマネジメント)
学習目的:人材開発戦略を策定する上で必要な事を理解し、自社独自の人材開発施策の設計を行う
受講対象:上級管理職、人材開発責任者、人材開発担当者
内容(1日):

 

1. 人材開発に関する社会の課題
・ 今の社会のトレンドをよむ
・ 世の中の会社の経営課題は?
・ グループワーク:「人事・教育に関する社会の課題を考える」
・ リーダーとは
・ マネジャーとは
・ リーダーとマネジャーの役割

 

2. 自組織の人材開発の課題
・ 個人ワーク:人材開発課題の整理
・ グループワーク:「自組織の課題の共有とフィードバック」

 

3. 人材ポートフォリオ
・ 人材ポートフォリオとは
・ 人材ポートフォリオの例

 

4. 人材開発戦略の考え方〜タレントマネジメントモデル〜
・ 人材開発戦略の考え方
・ 人材開発戦略を統合的に考えるためのフレームワーク
・ 人材開発戦略マップの活用方法
・ 個人ワーク:「人材開発戦略マップ作成:現状課題の書き出し」
・ 個人ワーク:「人材開発戦略マップ作成:将来課題の書き出し」
・ 人材開発戦略マップの活用例

 

5. まとめ

 


 

5. デザイン思考研修
学習目的:デザイン思考のステップを「体験」し、イノベーションを生み出す思考を鍛える
受講対象:上級管理職、中級管理職
内容(1日)

 

1. デザイン思考とは
・ デザイン思考とは
・ デザインシンキングの5つのプロセス
・ アイスブレイク「海外旅行の売り上げをあげる企画の検討」
・ デザイン思考の大原則11日のテーマ発表「社員の親睦を深めるための時間をデザインをする」

 

2. デザインシンキングの5プロセスその1「共感」
・ リサーチ3つの技法「実体験」「観察」「インタビュー」
・ 個人ワーク:実体験「社員の親睦が深まったと感じた体験は?」
・ 個人ワーク:観察「なぜ社員の親睦が深まったと感じたか?」
・ 個人ワーク:インタビュー「社員の親睦が深めるためのインタビューをプランする」
・ ペアワーク:インタビュー「社員の親睦が深めるためのインタビュー」
・ 共感マップの作成
・ リサーチの重要性を理解する

 

3. デザインシンキングの5プロセスその2「再考」
・ グループワーク:共感マップを使って着眼点を決める
・ 着眼点シートの作成

 

4. デザインシンキングの5プロセスその3「創造」
・ グループワーク:着眼点をもとにユーザーのニーズを満たすアイデアを出す
・ デザイン思考の大原則2

 

5. デザインシンキングの5プロセスその4「試作」
・ グループワーク:テーマのアイデアをデザインする
・ 企画シートの作成
・ デザイン思考の大原則3

 

6. デザインシンキングの5プロセスその5「検証」
・ アイデアのブラッシュアップ

 

7. まとめ